頭が痛いあなたへ

頭が痛い種類と原因

医者

頭痛、現代人で悩まされている人が多いです。若い人から年配の方まで一度は経験をしたことがあるはずです。その原因と症状は様々ですが、精神的なものもありますし、病気によるものもあります。頭痛は日常的なものだと思って放っておくとより酷くなってしまうことがありますので、早期に治療をすることがとても重要であると言えます。治療が遅れれば遅れるほど治すのに時間がかかります。頭痛の種類はいくつかあります。まず、病気によるものとそうでないものとで、一次性頭痛と二次性頭痛があります。一次性のものでいえば、特段原因はないのに繰り返し起こることがあります。二次性のものであれば明確な病気の原因があります。一次的頭痛の中にも何種類かあります。一番有名なものでいえば片頭痛です。片頭痛は、明確な原因はありませんが、ストレスや疲労などが原因で起こります。そのため心療内科でも検査やカウンセリングが行なわれています。さらに二つ目が緊張型のものです。その名前の通り緊張したことによって起こります。長時間同じ姿勢をとっていたり、血行が悪くなることで起こります。

治すにはどうするのか

頭痛の種類によって、その治療方法は変わってきます。治療法といっても、具体的なものがないこともありますし、人それぞれ症状が違いますので正確な状態を伝えることが必要です。片頭痛や緊張型のものについていえば、自分自身で対策をとると有効です。まず、片頭痛であればその原因がストレスや疲労などによって血管が広がることにありますので、運動やマッサージ、入浴などは良くありません。こめかみを冷やしたり、こめかみを押さえるようにします。緊張型のものであれば、血行をよくするために、蒸しタオルなどをすることや同じ姿勢を続けないことが大切です。またストレッチを自分で行い、首を左右に動かしたり首を回すことによって血行促進を促すと良いです。二次性のものは、恐ろしい病気の前兆かもしれないので、頭痛が続くようであればすぐに病院を受診する方が良いです。クモ膜下出血や脳梗塞などが原因である場合、命の危険に関わる場合がありますので、適切な処置が必要です。また反対にストレスが原因の場合もあり、その場合は頭痛だけではなくうつ病に発展してしまうこともあります。自己判断せずに治らない場合は病院を受診するべきと言えます。