必ず改善できます

最近はよい薬があります

頭痛

頭痛とひと言に言ってもさまざまな種類がありますが、女性に多くみられる偏頭痛は、こめかみ辺りが少しズキズキ痛む程度から、頭の中でガンガン脈を打つようなひどいものまで程度はさまざまです。症状が重い人は吐いたり寝込んだりするほどで、仕事や家事にも影響が出てしまうほどです。昔は市販の鎮痛剤を飲んで痛みをごまかすことしかできませんでしたが、最近は偏頭痛そのものを治療することができるようになりました。この痛みはいわゆる「頭痛持ち」と呼ばれる人にしかわからないものがあり、痛みがまったくない人にとっては「怠けている」とか「甘えている」といったように誤解されてしまう病気でもあります。医療の進歩で偏頭痛に効果のある薬が開発され、世の中の多くの人がその薬のおかげでだいぶ生活が楽になりました。しかしこれは、頭痛の痛みの元に効くだけであり頭痛そのものを治すことはできないため、またしばらくすると発作が出ることがあります。そのため予防薬と併用して服用している患者さんも多くいるのです。

発作の原因を知ることです

偏頭痛の患者さんに多く見られるのが、痛みの症状が出るたびに市販薬を飲んでも効果がなくなり、そのためどんどん強い薬に替えていったり飲む回数が増えたりすることが問題とされています。これは明らかに薬に依存している状態で、薬を飲むことが頭痛の引き金になっていることに気がつかない場合も多いのです。さらにストレスが原因である場合もありますが、多くの人がそれに気づかずに薬を飲むケースが多くなっています。もし症状が悪化するようであれば、専門の医師の元で治療を行うしかありません。適切な治療を行えば改善される場合も多いので、頭痛外来のある心療内科などの病院か神経内科のある病院を受診しましょう。本来病気を治すはずの薬が、痛みをひどくさせてしまうのは本末転倒ですから、医師によく相談し自分に合った治療法を見つけることが大事です。また人によって違いはあるものの、偏頭痛が起こるきっかけになっているものがあります。それは天気や環境、食べ物が要因となって起こることが多く、それらの要因を避けることで発作が出る回数を減らすこともできるのです。発作が起きないようにするためには、発作が起きる原因となるものを知ることが何よりも大事なことなのです。

痛みをブロックします

頭痛

頭痛の治療には鎮痛剤や漢方薬の服用のほかに、神経ブロック注射で痛みをすぐに抑えるペインクリニックでの治療があります。鎮痛剤や漢方薬が合わない場合やこれらの治療と併用することで、頭痛を解消する効果があります。頭痛は身体だけでなくメンタル面の要因も多く、カウンセリングを行うペインクリニックもあります。

頭が痛いあなたへ

医者

頭痛の原因は日々の生活のストレスや疲労が原因のものと、病気が原因のものがあります。片頭痛や緊張型頭痛であれば、日々の生活で対策をとると良いです。病気が原因のものは命の危険に関わる場合があり、さらにストレスの場合はうつ病になりかねないので、早めに病院で治療する必要があります。

痛い世界を脱出する

医者

頭痛が起こったら我慢をする人も多いですが、命に関わる重大な病気の可能性もあるので、我慢はいけません。治療を優先して考える必要がありますが、もし原因が分からなければ必ず医師に相談をして原因を突き止めるようにします。

痛みの原因を知る

頭痛

病気以外にも偏頭痛など幅広く頭痛を抱えている人が多くいます。治療には血管の拡張を抑える薬物治療以外にも患部を冷やしたり安静にすることで、痛みを感じる炎症物質の放出を減らすことができます。カフェインなど、日頃から摂取する食材の中に血管拡張を抑える作用があるので上手に取り入れましょう。

頭の痛みを改善するために

看護師

頭痛の原因は人によって異なります。女性特有のものであったり、脳腫瘍や脳波の異常による場合もあります。大切なのは問診の際に、自分の頭痛の症状について的確に医師に伝えることです。頭痛の治療法は症状やそれまでの経緯によって変わります。